マロの「いっぷくどうぞ」

妻と娘の三人暮らしのサラリーマンが書きます。

【実体験】ナンバープレート盗まれたからやったこと

ナンバープレート盗まれた!


f:id:maro-ippuku-douzo:20220616203053j:image

 

自分じゃ全然気づかなくて、朝会社に到着したら同僚から言われて始めて気が付いた。

 

ナンバーがない。

 

しかし衝撃的だった。自分のナンバーがないなんて。

 

家から会社までナンバー無しで走っていたと思うと怖い。

 

とりあえず、車動かすにはナンバーの再発行が必要。

 

やるべきことはこちら。

  • 警察を呼ぶ
  • 市役所で仮ナンバーもらう
  • 車検証の所有者チェック
  • 陸運局でナンバー再発行
  • 対策として盗難防止ネジをつける

 

もちものはこちら。

  • ガムテープ(必須!)
  • ドライバー(念のため)
  • 印鑑(念のため)
  • 現金

なかなか経験することではないみたいだけど、とりあえず対処から対策まで記録しておく。

 

まず警察を呼んで連絡票をもらう

まず警察を呼ぼう。

まずこんな紙をもらわないと何も始まらない。


f:id:maro-ippuku-douzo:20220616203144j:image

 

警察が来てからは車から指紋を取ったり、調書を書いてもらったり。

 

指紋とり

車に粉付けたりシール張ったり色々していた。

 

警察は、「指紋が二つほど取れました。」と言っていた。

 

警察くるまではあまり触らない方がいいかも。

 

調書?のための聞き取り

次に記録のために色々聞かれた。

 

いつからナンバーが無いのを確認したかと何度も聞かれたが、今ないことに気が付いたとしか言いようがない。

 

昨日はあったか、自宅でるときはあったか、など何度も何度も聞かれたがわからない。見てないからね。

 

結局、なんかよくわからないストーリーを警察が書いて、同意の拇印を押すことに。

 

市役所で仮ナンバーを借りる

陸運局でナンバーを再発行するために、自力で陸運局までいかないといけない。

 

自分の車はナンバーがなくて動かせない。

 

というわけで、仮のナンバーをつけて陸運局にいくために市役所に行く。

 

大事なことなので先に書いとくけど、ガムテープ持っていけ!!

 

理由は後で書く。

 

 

しかし、市役所行くのも一苦労。タクシーとか徒歩とか。

 

私はたまたま義理の母が近くにいたので、会社まで来てもらって市役所まで連れてってもらった。感謝。

 

市役所窓口で、「仮ナンバー借りに来ました。」と言えば話は通ります。

 

たしか5百円もしなかったような気がする。

 

そして、借りたナンバーがこちら。

f:id:maro-ippuku-douzo:20220617161735j:image

 

これの有効期限は1日か2日なので、借りたらすぐ返す必要がある。

 

私は市役所の方に聞きました。

私「これどうやって車につけるんですか?」
市役所「つけ方はちょっとこちらではわかりません・・・。」

 

これどうやってつけるの!ネジないし!ネジも盗まれてますから!!

 

陸運局に行くには、なんとかこの仮ナンバーを車にくっつける必要がある。

 

そこで、ガムテープの登場です。

 

これで割と大きい国道走って自力で陸運局までいった。
f:id:maro-ippuku-douzo:20220616203302j:image

 

対向車からじろじろ見られたけど、そんなことはしったこっちゃない。

こっちはなんとか今日中にナンバーを再発行しないと明日仕事にいけないんだ。
f:id:maro-ippuku-douzo:20220616203316j:image

不幸中の幸いで、養生テープだったからべたっと張ってもナンバーは透けて見えてた。

 

なお、これでよいかは不明。

 

車検証の「所有者の氏名又は名称」をチェック

これが自分ならそのまま陸運局へいけばよい。

 

しかし、私はディーラーの名前になっている。ローンも完済しているのに。
f:id:maro-ippuku-douzo:20220616203155j:image

 

この場合、所有者からの委任状がないとナンバーを再発行できない。

と、陸運局に言われて、急遽委任状をもらいにディーラーへ。

 

ものすごいストレスだ。

 

結果的には、陸運局から一番近い三菱のディーラーで委任状を出してもらい、そこで回収。

ロスは30分から1時間くらいで済んだ。

 

陸運局でナンバー再発行

いよいよナンバーの再発行。

しかし結構混んでいる。ディーラーとか整備工場の方がたっくさん。

 

慣れない書類を書いてみてもらって、あっちいけ、こっちいけとぐるぐるしてなんとかナンバー発行!

 

ネジがないことを心配していたけど、さすがにナンバーと一緒にもらえてドライバーでぐりぐりして完了!

 

盗難防止ネジを買いにいく

気休めだけど、ディーラーやオートバックスに盗難防止ネジが売っているから買ってつけた。

ついでに妻の車の分も買って交換しといた。

ネジ頭がちょっと変わった形をしているだけだから、それようの工具があれば簡単に外れてしまうけど、まー対策してないよりはいいでしょう。

 

もしも、普通のプラスドライバーでとれちゃうナンバーと、盗難防止ネジのナンバーが二台並んでたら、前者のが盗まれるはず。

 

仮ナンバーを市役所に返す

夕方17時ギリギリだったけど、なんとか間に合った。

 

 

まとめ

なんとか1日で終わった。

総額2千円もしなかったような。

朝の7時に気が付いて、警察呼んで、市役所、陸運局、とりつけなど急いでやったらギリギリ間に合った。

なぜか犯人が捕まってほしいとか、そういう気持ちがゼロでとにかく新しいナンバー欲しいって気持ちだけだった。

 

自宅に監視カメラつけたり、できる対策はとりたいけど、時間がかかりそう。